フォト
無料ブログはココログ

2015年7月18日 (土)

【新しいママの働き方】ママそらPower❤

片瀬江ノ島イルキャンティで開催されていた

ママそら 湘南1周年のお祝いbirthday

ラスト駆け込みーーー



全国に『ママそら』を展開する

ママそら代表の奥田絵美さんの出版された

『新しいママの働き方』book

チャーミングな絵美さんとも

パーティー後にたくさんお話させていただいて

想いとパワーいただきましたheart04


Mamasora
暖かく見守られていたママそら

湘南代表 和田みゆき さん

副代表の 清水裕子 さん。

たくさんの女性達の


キラキラshineくパワーがあふれてました。

とにかく湘南地区

私のまわりの女性達!幼子育てのママ達も


子育てしながら自分らしく、

地域で社会で家庭で

仕事も学びも趣味も


そして遊びもスポーツも

生活の中で
目標をもって過ごしているママたちが

活躍する街。

パートナーとのコミュニケーションも

しっかりと!(ここ大事かな)


ママの笑顔が増えることで


家族の笑顔が増えてほしいですね。


私も応援していきたいと思います
sign03

そして、これから


ママ、パパになる方の支援も


も~っと
していきたいなぁ。と思うのです。

素敵な支援のつながりが広がっていきますように
notes

2015年5月10日 (日)

【マザーの愛】素敵な本のご紹介

マザー•愛•心 といえばマザー•テレサ。

私にとってマザー•テレサの お言葉は響くことばかり。

私の本棚から母の日に ご自身に読んでいただきたい おすすめの本heart02

The Love 『世界で一番たいせつなあなたへ』

マザー•テレサからの贈り物

23才の時にマザー•テレサに 出逢われた片柳弘史神父

マザーテレサの代表的な言葉に エッセイ。

そして、 見る人の心を温かく包み込む 素敵なRieさんの絵で

校正されてますheart04

Mother

マザー•テレサの『愛は家庭から』

 
「少年は答えました。 うちに帰っても誰もいない。

お母さんはいつも忙しくて 留守なんだ。

それを聞いた マザーはこう思ったそうです。


「この子のお母さんは もしかすると世界をよくするために

働いているのかもしれない。

でも、本当に愛は 家庭から始まることを忘れている
(片柳神父のエッセイから)

子ども達が小さい時は

専業主婦。

地域での親子活動が主で

単発(今でいうフリーランス?)での

乳幼児親子に関わるお仕事等

ありがたくさせていただきました。

子ども達と一緒に過ごし

「おかえり」が

言える時間のつかい方がしたかった

自分があります。


子ども達の帰宅時間も遅くなり、

時間に余裕も出てきて 中学生男子

遅くなることを伝えずに 「おかえり」を 聞けない家に

戻ってくるとお怒りです。

時代は変わりライフスタイルも変化 してきているので


「おかえり」が伝えられないご家庭も あると思います。


ライフスタイルが変化するなかでも

大切にしたいのは身近な人への愛。


愛のありかたはそれぞれの家庭で 違うかもしれませんが

本を開きこの言葉にまた、 家庭をふりかえる『母の日』でした。

愛のない言葉 感情的になると

ついつい言ってしまう自分
wobbly

マザーsign03反省です。


愛は家庭から始まります


まず、家庭から始めてください。


やがて外へと 愛の輪が広がっていくでしょう。
 
~マザー・テレサ~

この本の帯を書かれている

ノートルダム精心学園理事長の渡辺和子氏の 著書2冊も

どうぞご自身のために・・・おすすめですheart04

2014年7月 7日 (月)

【みんなのお産】39人が語る「お産といのち」DVD本。

きくちさかえ編著。

Osan1
DVDlovelyこれが素晴らしいのですheart04
現代書館から発売されています。

DVDの中で語られている方々は、

皆様がよくご存知のお産や妊婦さんや母子に関わられている医療従事者の方だけではなく、

お産経験者、支援者、研究者、被災地の方の力強い、『言葉』
shineが溢れています。

3.11のあと、電気や通信が途
絶えた中で、助産院や避難先の民家で「いのちheart04」が生まれたニュースは、人々の心にぽっとshine光を灯しました。

それは「いのちの誕生は人々に希望を与える」という、
とてもシンプルなお産のメッセージです。
きくちさかえさんは、こどもが生まれにくい社会で、

お産の意味をもう一度考えてみたいと、1年をかけてDVDを作成されたそうです。

お産とは・・・・
頭で考えるものではなく、感じるもの」「その人の生き方そのもの」「ひとりひとりがちがっ
ていい美しい」

寄り添う・・・待つ・・・・

きっと色々と今、またこれからの日本への希望もここから気づいていきませんかsign02
みんなで・・・

2012年7月24日 (火)

家政婦さんがやって来た!

私の高校の友人がリアル体験を本にsign03

家政婦さんがやってきたsign01

わっsign04なんてセレブshineと思いましたが、

パートナーのお仕事で赴任先の中国での生活のお話ですdash

それでもピンとこない家政婦さんのお話が

彼女の体験をもとに漫画入りbook

著者曰く

~この本は

普通の働く主婦だった私が、あるきっかけで、

セレブにしか叶わぬ夢と思っていた

「家政婦さんをお願いする」という2年間の

体験の1冊

「家事をやらなくてもいい」

主婦にとって、神様からのプレゼントのような時間は

優雅な気分でいられたかというと

そうでもなく、

いままでの人生では、感じたことのない、体験したことのない

新たなる毎日が待っていたのでした。~

どうぞ

家事に疲れてしまっているあ・な・たwobbly

彼女の生活のぞいてみてください(笑)

Img_2041_4


2012年7月20日 (金)

タッチハンガー

私のおすすめ本ですbook

三砂ちづる氏著の「タッチハンガー」

~がんばり続けてなお満たされていないあなたへ~

頑張り続けているあなたへ贈りますpresent

あなたがほしいのは・・・ではじまる問いかけ・・

「ひっとしたら

そっと誰かに抱きとめられ、

背中をなでてもらいたいということでは

ないでしょうか・・・

セクシャルなニーズのもっともっと前に、

そっとふれられたい、しっかり

抱きしめられたいという人としての

ニーズがあるということに

なかなか気づけずにいます・・・」

学校、仕事、対人関係、育児・・・・

頑張る自分がみんなありますsweat01

涙が溢れてしまう自分がいましたweep

何かが見つかるかもしれませんshine

2012年7月12日 (木)

心に響く小さな5つの物語

とにかくすごい出版社だと思います。

人間学。

人間って素晴らしい。

生きるってすばらしい。と思える著者の言葉がたくさんです。

「心に響く小さな5つの物語」

藤尾秀昭氏=文 片岡鶴太郎=画

最後の第5話「縁を生かす」

本当に泣けましたweep

是非、一読されてください

Img_2039

最近の写真

  • 10
  • Img_5419
  • Img_5417
  • Img_5415
  • Img_5109
  • Img_5105
  • 9
  • 8
  • Img_5155