フォト
無料ブログはココログ

2016年7月29日 (金)

【梅雨明け空の下で】川崎市

一昨年前に

お話を聞いて下さった

養護教諭の先生のご縁から


昨年末に大きな部会研修の

お話をいただいておりました。

川崎市内小中高校の

養護教諭の皆様の研修会。


13892259
25年も継続されている

大変身の引き締まる

100名以上の先生方の研修へのお招きでした。

子ども達にとっての『保健室』

カラダだけでなく心休ませる場にもなっています。

養護の先生方からは

保健室に来室するたくさんの児童生徒さんや

保護者の方への対応の視点もとご希望もあり


『誕生学』のミッションも含め

現場の様子等、


子ども達を取り巻く背景等

共有させていただきました。
****
そして信頼できる
大人の一人である

養護の先生方は女性。


「~未来の母は今の少女たち!~」

とてもこの言葉が心に留まったと


お言葉いただきました。

この言葉は
『誕生学協会10周年事業プロジェクト』

『ガールズエンパワ―メント・プロジェクト』

でふれています。


27日(水)誕生学協会ファウンダーであり


プログラム開発者大葉ナナコ氏と


素晴らしいゲストスピーカーの方々との


公開フォーラムが開催されました。
10代の女の子のカラダとこころを守るために

全国の学校に特別授業を届けるプロジェクトです。

そしてクラウドファンディング
Ready forでの

ご寄付により、


『ガールズエンパワメント ブック』

~ココロとカラダは自分で決める~が

出来上がり
発刊記念発表も行われました。
****
10代の女の子が、

自分が本来もっている力に気づき、


自分を大切にしながら自分の意志で


行動できるようになるには?

予期せぬ妊娠や、望まぬ中絶、


デートDV被害などを減らし、
未来の虐待など「負の連鎖」を

少しでも減らすには?

未来を楽しみにとらえ、


幸せな気持ちでいのちをつなぐ


女の子になるためには?

日本中の未来ある10代の女の子たちに

いま伝えたい大切なこと、

****

私も子どもたちに伝える


一講師として

社会の中での

一大人として


女の子だけでなく男の子においても


未来の大人たちを


応援し続けていきたいと思います。

2016年6月21日 (火)

おひざの上で『いのちのおはなし』@七里ヶ浜楓幼稚園

この時期毎年

待っていてくださる

今年で6年目の鎌倉市の幼稚園

年長さんと保護者の方と

一緒に聞くいのちのおはなし「誕生学」


そのあとで

保護者の方への子育てのお話含むお話会。

Img_1997
Img_2001

毎年素敵な取り組みで

保護者のおひざの上で聞いてくださいます。

お父さんのおひざの上のお友達は

今までも上のお子さんで


聞いて下さったお母さんが


下のお子さんはお父さんに聞いていただきたい!

と勧めて来てくださいました。



Img_2000

お家の方と一緒に聞いた後は

お部屋に戻って心にのこった

『絵』を描いてくださいます

  今回の素敵な1枚・・・・
『お母さんが赤ちゃん(私)を抱いて喜んで涙が出ているところ』

Img_2018

夏至の夜。きっと子ども達は

「うまれてきたときのお話」

たくさん質問していることでしょう。

Img_2017

お家の方も子ども達へきっと

やさしく語られていることでしょう。

『うまれてきてくれてありがとう』Img_2026

Img_2020

2016年2月26日 (金)

【拝啓~15のきみへ】@御所見中学校激励会

昨年に続き、今年度も

PTA、学校、地域の連携の

ありがたいお声かけをお受けして

藤沢市内の北部の中学校へ。

Img_1060
卒業生への
「中学3年生の命に贈る未来のための誕生学」
とメッセージお伝えしてきました。

Img_1061
富士山が山
すそからはっきりくっきり

青き空に

白い着物姿がとてもきれいな日。

この激励会は市内でただ1校だけ

20数年続く地域連携の「卒業生激励会」

青少年育成協力会、公民館、中学校PTA
ふれあい共有ネットワーク共催で

子どもたちの巣立ちを応援する会。


Img_1079
15歳の卒業生にむけて地域の方のメッセージは

長年この地域で過ごされているからこその

愛のこもったお話でした。

この地域に生まれ育った子どもたちへの地域の歴史

この地域に育った友達、仲間の大切さ

大人になっていく子どもたちへの

yellがたくさんでした。

Img_1072_2
私も息子の年齢と同じ子どもたちへ

4分の3の成人式でもある歳。

話を聞いてくれていた

女子生徒さんの涙
weepを目にして


胸が詰まりました。


震災のこともお話を当事者の方から

聞く機会もあったという
子どもたち。

3•11から5年

同じ歳で失った命も多い。

生きたかった命があることでしょう。

命はいろいろな視点から

語られることと思います。


あと5年もたてばで20歳。

自分を大切にしてほしい。


他者の命も人権も考えれる大人になってほしい。

NO!と言える勇気も必要です。

高校生の年齢同士で予期せずに命授かり

命を授かることを受け止められずに

小さな命を失う道を選んでしまい

心もカラダもそれからの道も

悔やむ道は悲しい。


だからこそ

命に対して真剣に

正しい知識をもって自分を大切に。


もう15歳。でもまだ子ども。

未来の大人へyell贈ります。
Img_1090
今、生きていること

「生まれてきてくれてありがとう」


多くの大人が15歳の子どもたちに向き合われ

保護者の方が制作された小学生から中学校までの

思い出のビデオ。

小学生からお世話になった先生方からの

ビデオメッセージ

観ているだけでもこみ上げて

泣けてきます。

義務教育を巣立っていく子どもたち。

高校へ社会へ今ある自分からはじまる

新しい社会や生活応援している

大人がいたということは

きっと

心の支えになることでしょう。

Img_1105

約3時間の愛フルフルな激励会
アーーーッ涙腺緩みっぱなしでした😭


全国の卒業していく中学3年生ーーーー!!

これからも

応援してます!

2016年2月24日 (水)

【お世話になった場所で】@湘南学園幼稚園

2月3月振り返れば

「誕生学」をお伝えする教育現場の季節。


娘と息子がお世話になった
大切な幼児期の居場所での

卒園児さん向け誕生学&保護者の皆様へのお話。


2009年から毎年お招きいただいて8年。

Img_1045

幼児教育を携わった立場からも

今もお世話になった先生方と

現状お話をさせていただける

「信頼関係」

本当に感謝いたします。

Img_1051
本当に地域の幼稚園、保育園と

連携の必要不可欠な時代だと
感じます。


Img_1056
卒園児の子どもたちへの

『いのちのひみつ いのちのお話』誕生学。

保護者の皆様へは、家庭教育からも

就学前にお伝えしたいことをお伝えするお時間でした。


Img_1050
今年度の命博士の男の子は

年中さんの時からお母さんに

「いのち」について質問攻めsign01

応えられないお母さんもその時、

幼稚園で勧められた絵本などを利用して

はぐらかさず伝えていたとのこと。

(お母様談)

その子がお話を終わったあと

「ぼく、いのちはかせかな?」

と嬉しそうに来てくれた笑顔は

自信に満ちている笑顔いっぱいの

6歳でした!

年長組のお友だち!そつえんおめでとうheart04

2016年2月15日 (月)

「5歳までに80%が聞いてくる!」@まきがはら幼稚園

お母さま方も

真剣に聞く子ども達の姿にビックリされます。

子ども達は知りたがってる!


子ども達はまた聞きたい!と言ってくれる

「いのちってスゴイね。」

それが

「いのちのひみつ」誕生学のお話。

Img_0919

昨年に引き続きお招きいただいた幼稚園。


大切な時期に保護者会のみなさまによって

お招きくださり

ご準備くださいました。


Img_0932

子ども達が質問して聞いてきた時は

「聞く準備ができている」

カナダの
性教育者メグヒックリングさんの言葉です。

Img_0936

真剣に聞いてくれる子ども達の瞳。

お母さま方は子ども達の背中から

きっと

伝わってくるものをお感じになられたことと思います。


Img_0937

うまれてきてくれて ありがとう



2015年12月22日 (火)

【今年最後の学校2015】

今年最後の ゲストティーチャー先は

感性豊かな 特別支援の高校生達へ

PTAの皆様と お打ち合わせをさせて いただき

今日を 迎えました。

やさしいわかりやすい言葉


でも

正しくしっかりと 伝えてほしい。

社会人になる生徒さんも いることを心に。。


うまれてきてくれてありがとう

この奇跡の誕生から

 ありのままを 受け入れて

お育てになられてきた ご家庭


保護者向けのお話後も 尽きぬシェアを いただきました。



1222

あたりまえ あたりまえじゃない
 
忘れていることを


大切なことを

大事な場所で お互いに うけ取り合えること


今日に

ありがとうございます

2015年12月18日 (金)

【養護の先生からの お繋ぎ】誕生学

山の上の高台の小学校へ

昔は1200人の全校生徒数

現在は200人小学校。

養護の先生からのお繋ぎで

4年生から6年生の


子どもたちへの『誕生学』


20151222 養護の先生のあたためてくださった

お気持ちがつないだ授業。

多感な時期で

『自分なんか、、、』と


思っている子ども達も…

先生方に本当に大事にされている子どもたち。

バス停まで

大切なお話をお聞きしながら

こみ上げてくるものが…



子どもたちに
つなげてくださる先生方


保護者のみなさまに

本当に心から感謝いたします。

来年もどこかで

出会える子どもたちが

いのちいっぱい

自分らしくsign03

未来を応援していきます
heart04

2015年12月 7日 (月)

【子ども達へバトンを渡していただけけることは感無量】

それは突然…決まったお話でした。

川崎市の小学校

PTA成人委員会での家庭教育学級に

お招きいただいた日。

PTAの皆様からいただいたタイトルは
どう伝える?いのちの話。』
***
校長先生と講演はじまる前の10分間。

現場の子ども達への校長先生のお気持ちと

私の想いがつながったと感じた瞬間でした。

2015127
講演後そのお話は突然でした。

5*6年生に毎年行う『命の授業』

2月にお話させていただく機会つながりました

また1校

子どもたちへ

PTAの皆様、

校長先生

本当にありがとうございます
weep

2015年11月19日 (木)

命の授業【14歳へ~贈られたメッセージ】@藤沢市

とても言葉では 言い尽くせない日となりました。

藤沢市内の北部の中学校

中学2年生に命の授業。

PTA主催でお招きいただきました。

『いのち~ 生命誕生といのちの大切さ』

 
私も14歳にありったけの想い お伝えすることができた日。

その後続けて PTAの委員さんが 作成された

『14歳のきみたちに贈る メッセージ』が流されました
もう、、、もう 胸いっぱいになりました。

多感な時期の中学生へ ありったけのメッセージが

生徒さん達の小さな頃からの 写真や現在の写真

さんごの歌う『いのちのリレー』
初田悦子さんの歌う『きみのママより』

BGMと共にスライドショー

反抗期 思春期 難しい時期と思っていても

保護者の皆さんのメッセージは

ご自分への反省もありつつ

子どもたちへの感謝の言葉で 溢れていました。

20151119 『うまれてきてくれてありがとう。

どんなに生意気でも憎たらしくても あなたは宝物です』

あーーー 14歳sign01

無記名のご家庭からのメッセージ 冊子をいただき

どのmessageも響きます。

6年前から続いている いのちの授業、平和の授業。

今年大切な時間を ありがとうございました。

産休に入られる先生の 小さないのちに。。。

生徒さん達からのエールも いっぱいですheart02

2015年7月21日 (火)

【抱っこしていい?】@中央林間

毎年、夏休みに企画して下さるFさんは

中学生筆頭に4人のお子さんのママsign03

アクティブで前向きで本当に素敵なお母さんです。

お声掛けくださっての集いに

今日は2人目マタニティのママも多くおられて

愛おしい気持ち
heart02

『未就学児から低学年むけ誕生学~いのちってスゴイ

自分ってスゴイ!』

その後は

『乳幼児からつながる思春期の心とカラダや子育てのお話』


0721 事例いっぱいで話し尽きませんが

若い子育てママ達との
お昼食べなからの時間も

これまた話し尽きません。。。

07211

お話の後、子どもたちは赤ちゃんのお人形に

ふれにきてくれます。

4人の兄弟妹のお兄ちゃん3年生。

『抱っこしていい?』
と抱っこしてくれます。

上手なんです
sign01抱き方heart01


赤ちゃんが生まれたので


きっとお世話しているのでしょう。


弟や小さい子にも


『大事だよ』と抱っこの仕方教えてあげていました。

大切に抱こうとする子どもたちは

赤ちゃん時代抱かれた命の

大事な大事な子どもたち。

夏休み、みんなが元気に楽しく過ごせますように。

より以前の記事一覧

最近の写真

  • 10
  • Img_5419
  • Img_5417
  • Img_5415
  • Img_5109
  • Img_5105
  • 9
  • 8
  • Img_5155