フォト
無料ブログはココログ

2018年10月27日 (土)

「こんにちは赤ちゃん」思春期の娘さん達こんにちは。

新しい命が🌏地球に来て、

3日目に出会った女の子たちは

10歳前後の思春期の子ども達。



1027 お母さんに抱かれた赤ちゃんを、ただただみんなで見つめる。


ずっと静かに見つめる子ども達。


ただただ見守ること

幾つになろうと

大事な時間....




10271

赤ちゃんも

今ここにいる貴女の存在も

たいせつな存在です。


今日も母と娘の大切な思春期への講座

ひとりひとりが愛おしい

存在....

ありがとうございました。

2018年8月18日 (土)

『親子で知ろう!考えよう!思春期息子達へ~大切に伝えたい心とカラダいのちの力』

今朝の風が変わったことを感じたように 昨日の男子(中1中2)達と母達も 風通しよくなったことを感じた日でした。
『親子で知ろう!考えよう!思春期息子達へ ~大切に伝えたい心とカラダいのちの力』というテーマ
年齢的に早急要する地域のお母さん達主催。ありがたい!
  
母と共有しに来れるかな。。。と思う男子は

中1ギリギリその子によりますが中2の夏までと感じます。
  
地域の身近な母達とは あかちゃんの頃からの関係性。
思春期にかけてサポートができることは 嬉しいお役目です。

特に思春期時期の男子達と母達が迎える 二次性徴期時期母も不安があります。
名称だけで終わるのではなく、自分にとっての大切な知識の共有や

親の気持ち子の気持ち

お母さん達だけの話の中でも家庭の様子をお話くださることで

お互いの共有が有難い時間です。
 
 息子くん達との共有時間は
 
どの程度知っているのかなぁと和やか~に質問してみると

女子とは異なり、かなりの反応を返してくれるので面白い(笑)
 
同じ小学校だった男子たち中1くんに質問してみると
 
Q『二次性徴期の授業4年で学んだこと覚えてる?』
 
中1君達揃って『習ってなーい』
 
Q『この教科書(頁開く)の内容の授業なんだけど』
 
中1『え~知らない~』
 中2『小学校は覚えてないけど中1でやったと思います。』
 
小学校のことは忘れているのかなぁ•••と不確かな情報。
 
理科の受精についてはなんとなく覚えていて
 
女子だけ5年の時に体育館に集まって話があったという
 
発言には全員大きなリアクション(笑)
 
その後のリサーチ
 
Q『せいり』ってわかる?
 
中1『整理』?
 
Q『しゃせい』ってわかる?
 
中1『写生』?
お母さん達も笑うしかない                            Dannsi_4 私も息子が六年間男子校だったこともあり
 
男子の個々の成長や性徴

反抗期のあるなし、母対応等…
 
それぞれですが、
 
母が男子のカラダの変化を知って

母の背も越していく時期の男子対応変えるだけで

母達の不安は減るような気がします。
 
眠くて眠くて仕方ない男子たち。
 
メディアリテラシーについても知ってほしい。
自分のカラダの変化を自分で理解し

心が生きる性としての
いのちのあり方。自分の今。

考える時間はきっかけがないとね。


母が息子の将来考えて色々言ってしまいがち、

やってしまいがちでも
 
息子くんの方が 母のことを想ってる場合があることに気づいたとき。。
 
母と息子くんの気持ちは
一時でも穏やかに。

貴重な
夏休みの中学生男子達との   
『男子のための楽しい思春期講座』でした。


ありがとうございました。

2018年8月 1日 (水)

【産科診療所 ティアラかまくらにて】母から娘さんに伝えていきたい

思春期の頃から👶とお母さんを支える

大切な場所を知ることは

大事であるし

女性として成長した時

婦人科へのハードルは低くしたい

夏休みの月経教室は

お母さんから娘さんへのプレゼントの時間

5年前の幼稚園のお話し会で

聞いてくださっていた娘さんとお母様が
5年後を楽しみにくださり待ち望んで来てくださった。
Img_0347
私がお伝えしたいことこの10年の間にとても深くなりました。
学校によっては伝えられてないこともあり

子ども達にとってみれば

もっと知りたいこと


大切なこと。大事なことで。

恥ずかしいことや、面倒なことや、


煩わしいことではない。


年齢で必要な時期に聞いてくださるお母さんが

『点ではなく実は線でつながっていく大事なことなんですね。。。』


理解くださるお母さんが増えてくださることが何よりです。


もう一つ私が伝えたいこと

その時に必要な言葉や想い娘さん達に贈っています。
私も母娘。
娘の気持ちに気づけなかったこともあるからこそ。


身近な斜めの関係でいつもいたい。

今度は地域の高学年&中学生男子達との
心が生きる『性』を
考える夏の夜の思春会!企画ありそうです。

悩めるママ達ご希望あれば是非是非~

 
 
                    Img_0346_2

2017年11月17日 (金)

【思春期探訪】じゅんさんのぶらり思春期途中下車

乳幼児期の母達が


不安や心配口にできる場所


支援の輪は増えても


次なる思春期時期ははてさて。。どうだろうか。

特に中高生の母達、保護者が


安心して話せる場がない。


思春期時期の親子の『探訪』


大和市で


高学年~中高生の保護者・お母様達が

開催くださった
カタリバ。shine

子ども達の行動から探る


親としての在り方。


母達自身の自己肯定。


自分と両親の関係性から


我が子との関係。


なにが今、できることなのかなどなど。。。



11

お互いのお話聞く中で


吸収したり語ったり



10才過ぎ15才過ぎた子ども達を


取り巻く環境


家庭と学校の他に信頼できる


大人の存在、信頼関係性。



こどものSOSだけでなく


母達がSOSを出せない状況


こどものSOSSOSと思ってない状況。



母達も子どもも

思春期のなかで自分探してる。



『思春期探訪』


貴女の街にも参ります💓


ぶらり思春期途中下車!




先日お話する時間をいただいた
https://www.shonanliving.co.jp/?normal=%e8%8c%85%e3%83%b6%e5%b4%8e%e3%80%8c%e3%81%95%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%a9%e3%81%a6%e3%80%8d%e8%a6%aa%e3%81%a0%e3%81%a3%e3%81%a6%e6%88%90%e9%95%b7%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%8b%e9%80%94%e4%b8%ad%e3%81%aa


茅ヶ崎でのさろんどて主催『思春期カフェ』も


要チェックですsign03http://www.sarondote.com/wp/

2017年1月23日 (月)

【あなたが大切だから  あなたが大事だから】~でもどう伝える?

大事な思春期の娘さんに

家庭でも一緒に考えていきたいから・・・



母達も10代の頃sign01

暗くした教室で聞いた授業は

「なんだか素敵なこととは思えなかった
coldsweats02



「その日は休んでしまって聞いてなかったwobbly


大人になって 子どもを授かっても

まだ女性のカラダについて

わかっていなかった・・・・・

「人に聞いてはいけないタブーな世界観」


「大切なことなのに
 どう伝えればよいのか戸惑う」

母たち。

 

41

娘さん達も5年生6年生

「10歳過ぎた自分のカラダに

『子宮』があるかどうかわからない」

「月経がくれば子宮もできる?」



「赤ちゃんを授かるときに子宮ができる?」

彼女たちはそう思っている



大切な子宮「いのちの部屋」

女子だけでなく

男子も女子の大切さ意識してほしい。


私もおなじ母としても

お招きいただく母さん達の 想いも重ね伝えます。

42
成長していく娘さん達が大事です。

自分のカラダを守るためにも

『NO』が言えること

『HELP』が言えること

大切だね。大事だね。


 

一緒に共有することから

母と娘との言いにくい話は

お互いに話しやすい関係に なりますように。

娘さん達と一緒に母達も

自分へのセルフケアを考えていただける

時間となりますように。

 

娘さんもお母さんも

『あなたが大切。あなたが大事。』

2017年1月22日 (日)

【男子が育ちゆくなかで】~男子達の変わり目は母の変わり目

育ちゆく子ども達の思春期に

これから向き合おうとする母

今、まっただ中の母



ココロとカラダについて

男子の母達に・・
.

母と娘さん達に・・

真剣に大事なこととして

共有 させていただく機会が増えているこの頃。


そうです!いわゆる

二次性徴の大人への準備期間。

大人スイッチ!!!


最近の息子達の様子や態度は


どう受け取り、どう向き合えばよいのか。


小学校高学年から中学生の母達の声に


まだ低学年の母達も耳を傾け


そして、お互いに


自分たちが育ってきた時代と異なる


社会の中で起きていることを知る。

39
男子が関心興味を持つ情報や誘惑

彼らが女性を傷つけてしまう事件

不安になっているだけでは

何も始まらない。

かつて、男子のことについて


学ぶ時間がなかった母達が

母親同士、一緒に学び


知識をもって、母として


何ができるかシェアリングしていく。




40
男子達の変わり目は母の変わり目

LGBTのことも、人権についても


母としても意識を。

「性」からしか始まらない「命」について
庭でこんなことを聞いてきます。

貴女は母としてどう伝えましょうか・・


息子さんが大人へと成長していく時期に


何が大切なのか考えます。


2時間半では足らないですね。


赤ちゃんの時にサークルに来てくださった


お母さんと11年ぶりの再会もあり


成長された息子さんの姿重なる日になりました。

2016年12月 7日 (水)

【「子」育ては「個」育て】~個性を生かせる子育てを

子育ては本当に自分育て

親子であっても
 親は子を尊重し
 
お互いに育ち合って行けば良いことを

自分の子育てから
  

教育を離れて本当に知ることとなる。


時を経て
 
市内地区の青少協主催『子ども•若者支援月間』
 

大きな業を1年前から打診いただき
 

時を経たからこその
...

子育て•家庭教育の気づき。

現在の小中学生の保護者の皆さんに お伝えできることを

まとめていくことにギリギリまで 試行錯誤。

私のベースを理解くださり

熱い想いをもって オファーくださったお気持ち。

あーーーーー(゜Д゜;≡;゜Д゜)

講演数日後、何もない期間と知ってか知らぬか
 

カラダは正直で久しぶりの熱•••休養。


Kouza

歳を重ね

保育•教育

子育ての歴史を重ね
 

地域で子育ちの想いを重ね

社会の多様化

子育てを取り巻く環境の変化を
 

感じながらの約30年


家庭教育とはなんぞや?と 再度思いを馳せながら

考えるお時間いただき ました。


『育児は育自』

子育てしはじめた頃

本当にこの言葉に納得。

そして今、想いは

『子育ては個育て』。

2016年7月26日 (火)

【夏休みには母と娘の時間】

夏休の午後

4年生から6年生の女の子たちとお母さま。



2歳頃に出逢った女の子は

背も高くなり

お嬢さんになっていた。

20167haha
あの頃と同じように

穏やかで優しさあふれ

はにかむ笑顔があのままです。

地域で成長を見届ける

これまた

お節介な顔のわかるおばちゃんで

いようと思います(笑)


でも一番は!!!!!

おかあさん達が

女性になっていく皆と

なんでも話してもらえる


母でいたいのです。


泣きたくなったら苦しくなったら

話を聞いてあげたいと。。。。

***
ある6年生女の子の感想

『女の子の体には

うまれたときから子宮があると

いうことにおどろきました。

今までそんなこと考えてなかったので

こういうことを教えてもらって

よかったです。

1•2年のころは生理ということばも

知らなかったし3年のころは

人ごとのように、ふ~んと

いうだけですませていたけれど

とつぜん、生理になって

あわてるよりもこういうことを

知っておいた方がいい!!!』


20167haha1

未来あるステキな女の子たち

夏休のたった2時間。。。


お母さん達からの

素敵なプレゼントになりますように。

2016年6月24日 (金)

【Prease touch me!男の子育てのママ達へ】@長谷

お招きで長谷へ。

紫陽花の季節。


梅雨空にも関わらず長谷寺への人の流れは続きます。

Ajisai
人の流れから少し離れると一転、

山あり緑濃い心地よい風を感じながら

何度も出会ってくださったTさんのご自宅で

『男の子育てのお母さん向け』

私自身も息子育ての当事者として

少年期から青年期への変化と

同時期に多くの思春期のお母さま方からの


不安の共有。事例はいっぱい。

22
お話尽きない2時間半。

真剣にありがとうございました。
****
よくお母さん達が気にされているのは

息子さん達がべったりしてくることや

急に中学生ぐらいになって息子さんの


気持ちがわからなくなること等。


でもきっと!!!!

思春期の息子さんはこう思っているはずです。


もし、わたしがあなたの思春期のこどもなら

どうぞ、わたしにふれてください。』
If I am your teenager,
Please touch me.

もう大きくなったんだから、
なんていわないでください。
あなたがわたしにふれるのをためらうなんて

思いたくはない
Don't think because I'm almost grouwn,
I don't need to Know that you still care.

あなたのやさしい腕が必要です。
あなたのおだやかな声を聞きたいのです。

I need your loving arms ,I need a tender voice.

人生は困難なもの、とわかった今、
わたしの中の小さなこどもがあなたを
必要とするのです。

When the road gets rocky,
then the child in me still needs.』

   引用~Prease touch me~作Phyllis K.Davis

23

2016年5月21日 (土)

【満月の前】 産院での「母と娘の月経教室」@ティアラかまくら

今回の「母と娘の月経教室」

とっても嬉しいゲストの登場に

参加されたお母さまも娘さん達も

素敵な笑顔に包まれましたheart04

07
3日前にうまれてきた命。

第3子の男の子です。

ずっと見ているだけで幸せになる時間。


4年生から6年生の娘さん達も

「すごい!」「かわいい!」

「自分こんなふうに抱かれていたんだ~」


Hahamusume1
娘さん達が大切にされていた赤ちゃん時代。

お母さんとっては忘れかけていたあの頃。


そして10歳過ぎたら半分大人。

素敵なスイッチのはじまりを

お母様がたの参加の動機も


子どもにはマイナスのイメージではなく

プラスのステキなこととして伝えたいので

1年前から楽しみにしていました。」

「姉で一緒に受講したので下の妹とも

参加をしたいと思って今日来れました」

いつも昭和世代育ちのママ達が

「自分も聞きたかった話」として


ご感想をくださいます。

私もそうでした。


だから次世代の娘さんたちに伝えたい。

そして

お母さんと娘さんの思春期に

「言いにくい話」ではなく「話しやすい関係」を

是非つくっていただけるきっかけに
なりますように。

今日の様子はコチラ↓↓

http://www.tiara-kamakura.or.jp/%E6%AF%8D%E3%81%A8%E5%A8%9…/

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Halloween
  • Hallween1
  • Halloween1
  • Piyohallo23
  • Piyohalloween
  • Yuuhi3
  • Yuuhi2
  • Yuuhi1
  • Yuuhi
  • 10271
  • 1027
  • 44740893_1374154169386805_564728883