フォト
無料ブログはココログ

2016年6月20日 (月)

【巣立つ日まで】子育てに想う

この時期

ツバメの母さん父さん大忙し。

休む暇なく

巣立ち迎える子ツバメに

エサを運んでは飛び回る。

駅のツバメも

大きな口開けてました。

18
子ツバメの巣立ちまでうまれて約3週間。

母さん父さん!がんばれ!!
***
都内で3回目最終日乳幼児家庭講座です。

Img_1972
休む暇ないなぁ。

眠る暇ないなぁ。

疲れたなぁ。

これでいいのかなぁ。


そんなことを思っていたお母さん達が

赤ちゃんと一緒に
3回目が終わる

Img_1982
みんな同じように思う日があったんだsign03

この子を
ずっと抱いて、

ずっといっしょにいて


今までと同じことできなくて。

お掃除や食事もままならない。。

頑張り過ぎて疲れ。。

泣かれすぎてつらく。。


Img_1985
でも

大切なことをしていることに

気づかれていくお母さん達。

Img_1991

最終日、

笑顔がもっと増えますように😌


2016年6月15日 (水)

【子ども達がつなぐ縁】@児童館でのふれあいあそび講座

辻堂児童館での『親子ふれあい遊び』

満員御礼

ありがとうございます
lovely

14 毎年年2回のみですが

長く携わらせていただいてます。

本日01歳児親子さん向け。

Img_1943
動と静。そして子育てについても

今!お伝えしたいことも!!

Img_1944

Img_1946
お楽しみは大型絵本

家から持参した今回の絵本は

『だるまさんが』

Img_1947
絵本で遊んで

おひざの上でだるまさんが

笑顔いっぱいいっぱいになりましたheart04

Img_1941
町に住宅が増えると

新しい家族が増える。

誰も知らない町で子育てすること。

初めての子育て。


双子ちゃんの子育て。

里帰り出産したママも

結婚してこの町に住んだママも

出産後にこの町に住んだママも

こうした場所で

子どもたちがつなぐ縁が

今日もあたたかく。


新しい家族を迎える町が

顔がつながる町に

赤ちゃんと子どもたち

幼子育ての家族にとって

いつの時代も

安心して育ちあっていける

町でありますように。


2016年6月 1日 (水)

【母になり母となる】@都内乳幼児家庭学級プロジェクト

都内行政事業の乳幼児講座プロジェクト

携わらせていただき5年目。

生後3ヶ月から7ヶ月の赤ちゃんと

ママのための心とカラダふれあう講座note

3回連続で2つの曜日コース。

毎回それでも必要とされるママ達が

抽選となるとのことで2つの曜日で


25組×2、50組のみなさんが
ご参加くださいますheart04

火曜日コースも無事に終わりました。

行政の募集は母と子の為の講座。

おひとりで育てられている方も


育った環境も

現在の環境も


それぞれ違います。


違っても

お母さんになるまで

なってからもお母さんは頑張ってます。


参加くださっているお母さんが

自信をもってくださるように。


エネルギーいっぱいの赤ちゃんが

うまれてきてくれて母になり

そして母となること


09
回数重ねることで

段々と緊張感も緩まれる

大人時間の長かった自分から

声を出して語りかけてふれることも

赤ちゃんへ歌いながら遊ぶことも


喜びになってほしい。

10

できたできないではなく

赤ちゃんがしてほしいことを

感じる心

気持ちいいね。

楽しいね

我が子を通じて

私の気づきと反省もある。


それも大事な

『母になり母になること』

2016年4月28日 (木)

【幼稚園に行きたくないの・・・・・】子ども達の姿

3月にサークルを卒業し

3年保育2年保育で入園した子ども達。

赤ちゃんの頃から入園前まで出会いは長かっただけに、

入園式、そして入学式の画像を送っていただくたびに

元気に新しい世界の扉を開ける子ども達の姿が浮かびます。

20150128

先月まで親子で一緒に過ごしていた

お母さん方からは

登園がはじまると

つぶやきメール/をいただきます。

En

「入園して数日がたちますが、

日に日に幼稚園に行きたくないと

毎朝抵抗するようになり、

今日は大泣きする娘を無理やり

連れて行きました。」
とか・・

「バスに泣く子を無理やり乗せました。」と・・・

お母さんも泣きたくなる気持ちです。

朝はいっぱい抵抗しても

「降園の時はどうですか?」と尋ねると

「お迎えに行くと弾ける笑顔で手を振ってくれて

自信に満ち溢れる様子で幼稚園での出来事を

話してくれるんです」

すると

お母さんからこんなご返信sign03

「実は一番さみしいと思ってるのは娘ではなく

私なのかも…と思いました。

母親がさみしいと思ってると

娘につたわってしまいますよね」って。

母さんの気持ち

お母さんができることを整理した数日後

お母さんから

「今朝は「まだ幼稚園あいてないの?」と聞いて来たそうです。

お部屋の前まで行くと少し緊張した顔つきでしたが

自ら私に手を振って入って行きました!

今週は毎日泥んこ遊びをしているようで、

お迎えに行くと全身総着替えした姿で帰ってきます!

新しい世界で楽しんでる娘の成長を

嬉しく思いました!」

はじめの一歩!成長おめでとう

私も幼稚園の現場での入園式の次の日は

気持ち受入れ万全にしていても

泣いて抵抗する子もいました。

お母さんがいいよねぇ。

お母さんの行かせなきゃ!

乗らせなきゃ!という思いが

先にたってしまいますよね。


でも

無理せず、寄り添うこと
も大事かな。

06
今は幼稚園対応どうなのかな。。園の方針もあると思いますが、

とにかく


園もお母さんと共に工夫して

一人一人の子ども達の気持ち

受けとめてあげれるといいですね。


お花屋さんで「スターチス」

花言葉。

「変わらぬ心」と「途絶えぬ記憶」

2015年9月30日 (水)

【行政主催事業親子であそぼう@辻堂公民館】

秋空にススキも喜び

ママもあかちゃんと出かけるには


絶好のお天気でした。


行政主催事業


3カ月から7か月の赤ちゃんとママ対象での

『ベビータッチングケアで肌と肌のおはなしTime』


0930
heart02ベビータッチングケア実践

heart02スキンシップ遊び。

heart02 産後ママパパ向けの誕生
学。

heart02シェアTime等々凝縮2時間。

自治会の方もご見学にいらして


高齢者の方の記事だけでなく


赤ちゃんとママのことを応援したい記事を


書きたいと最後までお付き合いくださり、


『孫の中学生の思春期にも当てはまる!』


大事さをとても感じてくださったこと


う~~~~ん。使命だぁ・・・

いつも申込み初日にすぐに定員に


達してしまうと伺い


キャンセル待ちでお会いできない


ママと赤ちゃん~
shine

何処かでお会いできる機会があることを


願っております。


ススキのように伸びやかに


スクスク育っていくことを


地域でみんなが

寄り添って寄り添って

育ちあっていけますように。

2015年9月23日 (水)

【NEKTON親子カフェ】@FUJISAWA

台風で延期になった

親子カフェでのスキンシップ遊び& ママのシェア会heart04

祝日にも関わらずたくさんの 01親子さんが集ってくださいましたよhappy01scissors

0923
子育て支援サークルとして鵠沼公民館での

『子育ての会ベビーぴよぴよ』でのプログラム内容での

NEKTON親子カフェ版paper

heart02スキンシップは赤ちゃんからキッズにも!

heart02オキシトシン=愛情ホルモン リッチにheart04
heart01ラララぞうきん~ですhappy01

研究が進むと素敵なことが解明されてきている時代
『抱き癖つくから抱くな』はお国の違いのお話かもしれません。

その時代も

母達は家族は

『おんぶして抱っこして』
育てていたのです。
確かに子ども時代は厳しく私も育てられた記憶がありますが
冬に炬燵のなかで寝てしまって
そっと抱っこされて布団に運ばれたこと
気付いたけれどふれられている
いい気持ちheart02

安堵の時。

私はやっぱり大切にされている
sign01

幾つになっても
素敵なスキンシップ必要ですね。
09231
この日はChidoriファミリーの いつものランチプレートに

希望の方はケーキVikingdaycake

ママ達はもちろんsign03笑顔いっぱいsign03

何種類ものケーキを召し上がる姿は 少女のお顔でした


次回11月11日(水)です。

お会いできますように
notes

2015年6月30日 (火)

【子ども達からのプレゼントの時間】乳幼児家庭教育学級

藤沢市藤沢公民館での「ふじっこ学級」

2歳以上のお母さま方が


おつながりをもち学びの時間が来週で


閉講式。



Fujisawa
講義が終わってお子様をお迎えにいかれる

お母さま方の足も急ぎ足dash

お迎えにいったあと、手paperをつながれて

帰っていく子ども達の顔は

満面の笑顔lovelyです。

こうした分離の講座の時間は

ママ達にとっては

子ども達からプレゼントされた時間

たくさんの学びと離れた時間に感じる感覚

忘れずにいていただけると

子ども達が泣いてweep離れることができなかった時間も

きっとsign01納得してくれることでしょうheart02

そしてsign03

迎えにきてもらえることがわかっているから


もう安心して待っていられるのですね。

地域で育ちあうことのできるつながりが


この乳幼児家庭教育学級の大事さでもあります。


15年前から子育てアドバイザーとしても、


市内においても


家庭教育や幼児教育などテーマも色々と


お話させていただいてきましたが、


乳幼児からつながる思春期。

この地域での親御さん同士の今からのつながりが


思春期も安心に導いてくれることと思います!


明日も笑顔になあれ
up

2015年5月18日 (月)

【赤ちゃんとママのステキな時間】@北区

北区でのみんなで育児応援プロジェクト

ママ応援プロジェクト乳児コース

今年もたくさんのママと赤ちゃんが お越しくださりました。

4年目の今年度は 子育て支援課次世代育成の事業として 募集されました。

スタッフの方のお声と 継続にしていきたい内容もお聞きしながら

3週連続の曜日違いで2コース。

25組×2で50組募集のところ 80組の応募があり抽選に・・・

おこしになりたかったママのお気持ち 汲みながら、

多くのママ達の笑顔を増やせる時間に していきますpaper

1回目はバースコーディネーターとして

産後向けママへの誕生学』と『 ベビータッチングケア』。

今回はオイルなしで、

ママのあたたかな温もりで

赤ちゃん達への柔らかな肌にふれる時間。

おむつをはずしての肌にふれることに 抵抗の合ったママ達ですが、

赤ちゃん達の気持ちよさそうなお顔に、

ママの方が「私の方がきもちがよかった~heart04」 

Kitaku518 来週からは、 親子スキンシップあそびと絵本の世界。

乳幼児活動や赤ちゃんからの親子遊びで 多く実践し

ニーズに合わせ 継続している内容です。

赤ちゃんとママ達の笑顔 感じていただける時間

ママ達の発見が 増えていきますように。

どの地域においても

ママ達同士のステキなコミュニケーションと 笑顔

アップ!heart01アップ!heart01 増量していきますように

赤ちゃんが出会わせてくれたつながりの中

ママたちが 最後の日 どんな シェアをしてくださるか

とても楽しみな3日間×2ですsign03

2014年11月 8日 (土)

【パワーオブタッチ2014にて『優秀継続賞』受賞いたしました

http://liddlekidz.jp/poweroftouch2014

本当に嬉しいheart04感激heart04

愛あるタッチ心へのタッチを広められている

世界の病院や学校でタッチケアを広めるティナ・アレン先生

私の必読書の1冊
sign01『子どもの「脳」は肌にある』の著者であり


身体心理学者の山口創先生。

そして、私がバースコーデイネ―ターの道を

歩むうえで産後のママ&赤ちゃんへの

大事な導きと指導くださった

大葉ナナコ先生
に感謝いたします。

11092ふれることの大切さ

『タッチ・オブ・ザ・イヤー』において

節目の素敵な賞をいただきました。


「優秀継続賞」ですheart04

幼稚園の現場経験後、

家庭での

親子のスキンシップの大切さ

赤ちゃん時代から

ふれてふれあう遊びを

伝え活動し15年以上


地域で社会において長年続けてきた

タッチ。ふれるということ

赤ちゃんへのベビータッチの継続への


賞をいただき、本当に光栄です。

すべての赤ちゃん

キッズたちが


ふれられて育つ

世の中になりますように。

今もこれからも

親子で素敵なタッチが

継続し心の安心

ほっこり あたたかな笑顔に

つながりますように。

多くの皆様に

ここに

感謝いたします。

2014年10月16日 (木)

乳幼児家庭学級@北区

今日は北区の木曜日コース1日目。

生まれて3カ月~7か月の赤ちゃん。

ママたちも、毎日が一生懸命です。


パパに『お願い!』が言えずにいるママ


赤ちゃんのうまれてきた力をはじめて知ったママ


たくさん抱っこしてあげたいと思ったママ


たくさん感じて下さったあとの


シェアタイム。


慌ただしく過ぎていく毎日に、


眠れぬ日々に、


思いだしてくださったはじめて出会った


胸に抱く我が子の生まれてきた日のこと。


「うまれてきてくれてありがとう」


今週はたくさんの赤ちゃんからベビーパワー


いただきました。


1016


最近の写真

  • Umi
  • 43
  • 42
  • 41
  • 40
  • 39
  • 38
  • 37
  • Kouza