フォト
無料ブログはココログ

2016年8月29日 (月)

【母達から思春期の息子さん達へ】高学年誕生学

残暑厳しい真夏の午後

高学年5年生から中学1年生までの

サッカー、野球少年がお母様達と集ってくださった。

大人スイッチ(二次性徴を含む)『誕生学』

心とカラダの変化ある時期へ突入の男子たちに


お母様達からの希望で男子限定。

おかあさま向けの

『男の子のカラダ教室』を受講くださった

お母様達の主催でした。

30
日頃、 どんなことを感じているのか

わからなくなってきたり

母達も心とカラダの変化を

どう伝えていくことがよいのか?


どう接していくことがよいのか?

悩む時期に突入します。

質問に応える息子さん達の 様子を目にし、

一緒に同じ場所で

共有した時間のなかで

仲間で聞いてくれた男子たちの

感想に母達は涙されてました。


息子さん達の感想は

私が彼らの言葉を代弁するより

母達の心に響いたのだと思います。



【感想】

(5年生)

今日の話を聞いて改めて

命の大切さ命の誕生などの

学校では学んでないこと

学ばなかったことを学べて良かったです。

特に強く感じたことは命の大切さです。

学校の授業でやった時よりも

強く命の大切さを感じました。

今の自分になれたのは

家族やまわりの人たちの支えが

あってだと思います。

そんないのちをかんたんに

おとしてはいけないし

決して自分を自分で

傷つけてはいけないと思いました。

今いる友達もそのようにして

生まれてきているのだから。

ちょっとでも少しでも傷つけては

いけないと思いました。

これからも友達をたいせつにし

自分も大切にしたい。

たった1度きりしかない人生を

友達を大切に自分も大切に

日々を送りたいと思います。


(5年生)

いのちはみんながつないでくれた

命だと思うので大切にしたいです。

そして自分もお父さんになれるよう

成長したいと思います。

そして育ててくれた保護者に

感謝したいです。



(5年生)

たくさんの命がうけつながれて

今、自分がいるということに

感謝しなければいけないと思いました。

たまに『死にたい』などと

言っているひとがいるけれど

今、たくさんの命があり

いつ死ぬかどうか

わからない人もいます。

恵まれたかんきょうにいることに

かんしゃして

がんばって生きていかないとと

ぼくは思います。



男子育て。

母達も悩む時期。

それぞれの思春期。

それぞれの成長。

10歳は大人あかちやん0歳。

13•14•15歳。

大人あかちやん3歳4歳5歳。

無口になったり

突っ張ったり

ハァ?ムリ。それで?なにが?

会話にならない時期もある。

***

それでも台風過ぎ去った

母達は言う。


のなかで

自分に反抗できたことは

よかったのかも。。。。と。

とってもよく母に

話をする男子は話すことで

発散してたのかも。。。。と。

サインは逃さずだなぁ。

2016年6月17日 (金)

【地域の幼稚園で】@父母会主催講演会

昨日まで不安定な空模様も

準備くださったお母様方の

思い重なりpowerで晴れ
sun

私も地域は熱き想いのダブル
heart04盛り


Img_1952
Img_1961
Img_1960
講演終わると真夏日sunsunでした。
終了後、役員のお母様方の顔も

素敵な笑顔heart04

Img_1967
未就園児期にサークルに参加して

くださっていたママ達も

お声かけくださり嬉しい再会。

2年前にも保護者の皆様に

お招きいただいたご縁の園。

ありがとうございました😌

Hart
幼稚園。大切な幼児期の現場。

現役時代、子どもたちに

伝えられる『誕生学』はうまれていませんでした。

今の子ども達には幼児期から

ご家庭で

大事に大切に伝えていただきたい

視点。
***

感想はお母様たちの感じたこと

思われたこと

子ども達に

伝えていきたい言葉で

あふれていました。

今日はたくさんのお家で

子どもたちへの大切な言葉が

が聞こえてきそうです。

2016年4月11日 (月)

入園・入学上を向いて\(^o^)/

入園入学を祝うサクラは

今やピンクのカーペットcherryblossom

あたたかな春色から

新緑の季節に変化してます!

2016411
今日から初登園の子どもたち。

学校が始まっている子どもたち。

新社会人となった若者たち。

子どもも大人も

上を向いて新しい生活のなかで


Don’t worry. Be happy.

大きく自分の新芽は上向いてますよぉheart04

自分の新しい芽

伸ばしていけますようにーーー
sign03
***

新しい学年に向けて

幼稚園の時の幼馴染のお友達への

素敵なご依頼


20164111
高学年の子どもたちとscissors

幼稚園のときの仲良しは

小学校は異なっても仲良し。

これからも素敵な幼なじみで

高学年の時期もお互いに

成長されていかれますように。


受験チャレンジの子ども達との対応も

色々とあります。

この時期の子ども達

男女で異なります。

私の経験でも

お伝えたしたいこと

感じていること


あるあるシェアのお時間でした
heart02
またお会いできる日が楽しみですshine

2016年3月29日 (火)

【再会そして入学おめでとう】with親子サークルOBの子ども達

赤ちゃんの時出会った子どもたち。

親子サークルに参加してくれた子どもたち。

出会ったのは0才の時だったり

2年前3年前に出逢った

命ある子どもたち。

卒園して
1年生になる子どもたち。

OBでもあるお母さん達が企画くださった

『親子で聞く誕生学~卒園入学おめでとう
cherryblossom

2016229

みんなが

お兄さんお姉さんの顔になっていて

本当に嬉しい再会。


ありがとうございましたheart04

また10才以上になったとき

会いましょうね♪ヾ(^▽^)ノ

2016年2月 7日 (日)

小さなころから親子で聞くいのちのおはなし@世田谷区

こんなにちっちゃかったんだーーーーnote

Img_0789
ちいさな

みんなのはじまり

私たちのはじまり

2月6日(土)

6歳までの子ども達とご家族との時間。

Img_0799

ご縁結びは歩さん。

高校の先生として在職中にお会いし、

ゲストティーチャーで高校生にお伝えしたのは

何年前だったでしょうか。

偶然にもsign03

私の勤めていた幼稚園のご近所sign03

発覚
sign03

何とも言えぬご縁heart04

Img_0806
嬉しいことに

お子さん達と親子で聞く時間に

お招きいただきました。

あゆみさんのブログはコチラ↓↓

HAPPY Sunshine

ちいさな頃から

いのちのひみつ

知りたい子どもたち。

ひとり。

ひとりの大切さ

お家で

お話していける世の中になりますように


Img_0804

全員ではい!笑顔!

Img_0809

2016年1月 7日 (木)

【幼児期がみえた日】2016年お仕事はじめ

今年のお仕事はじめのご依頼はsign03

すてきなお仲間でした
notes

幼稚園のクラスメート

10歳になった子どもたちとの親子同窓会で

『誕生学』でしたheart02

卒園して5年が経っても

お母さま、お父さま達の交流も


学校が異なってもつながられていて

あたたかさいっぱい
heart02


20161

幼児期に小さな園で

本当にのびのび心しっかり

育ってきたであろうonezero歳 
半分大人の子どもたち

お話の前やお話している間

子どもたちの様子を見ていると

幼児期に一緒の環境で

たくさんの共有した時間を

どんなふうに過ごしたのかが見えてきます。

大人スイッチ(二次性徴)を含んだ誕生学

お母さんお父さんと聞いてくださったことは

親子で大きな節目になってくださったようで

記念日になってくださったら

尚、嬉し
heart02

今度は15歳の時にrun

子どもたちが卒園の時のアルバムを持ち寄って

肩寄せ合って見ている姿が本当に微笑ましい姿でした。

懐かしいアルバムに先生方の

手作りのレイアウトされた素敵な思い出の写真。

私も幼稚園の現場が懐かしーーーーいsign03


園を離れたあとも

常に現場で親子さんとあかちゃんたちと

地域の子どもたちと保護者の皆様と


そして、、、、

妊娠前の女性、働く女性たち。

マタニティカップルの授かり待ち。

授かる命に
関わらせていただけていること。


子どもたちの成長を


見守れることは


ありがたいことです。

一昨年も

赤ちゃんの頃から集ってくださった

ママたちが10年後に10歳になり

二分の一成人式として会を企画してくださり

『誕生学』伝えられる機会を

いただけたことは本当に感謝。

これからもみなさんの

そばにいさせてください
bud

2015年9月30日 (水)

【行政主催事業親子であそぼう@辻堂公民館】

秋空にススキも喜び

ママもあかちゃんと出かけるには


絶好のお天気でした。


行政主催事業


3カ月から7か月の赤ちゃんとママ対象での

『ベビータッチングケアで肌と肌のおはなしTime』


0930
heart02ベビータッチングケア実践

heart02スキンシップ遊び。

heart02 産後ママパパ向けの誕生
学。

heart02シェアTime等々凝縮2時間。

自治会の方もご見学にいらして


高齢者の方の記事だけでなく


赤ちゃんとママのことを応援したい記事を


書きたいと最後までお付き合いくださり、


『孫の中学生の思春期にも当てはまる!』


大事さをとても感じてくださったこと


う~~~~ん。使命だぁ・・・

いつも申込み初日にすぐに定員に


達してしまうと伺い


キャンセル待ちでお会いできない


ママと赤ちゃん~
shine

何処かでお会いできる機会があることを


願っております。


ススキのように伸びやかに


スクスク育っていくことを


地域でみんなが

寄り添って寄り添って

育ちあっていけますように。

2015年8月31日 (月)

【夏休みの母と思春期娘さん達の時間】

もし、

私も母と二人で誕生学や

自分のカラダのおとなへの準備の

おとなスイッチ(二次性徴期)聴けていたらear

もう少し

思春期時代私も素直になれたかしらsign02bearing

昔は暗~い部屋でのスライドショー

素敵な準備だったと知っていたらsign03

子宮も小さい頃から

大切な意識もてたのかもheart04

wave夏休は『母と娘の月経教室』マンスリー。


Hahhamusu_2

娘さんのために ご自分のために

開催下さるママ達からの 
娘さん達へのギフト。

Haahmusu1 Hahamusume2
うまれてきた命は     あかちゃんたちからのギフト。

贈り贈られ

話し合える

大切な関係を娘さんとつくって

くださることを願います。

Hahamusu2   (ティアラかまくらにて)

心の基地はおかあさん。

家庭に子ども達が戻れる場所が

いつもありますように。

2015年7月31日 (金)

【夏休みは親子で誕生学】幼児編

夏休み

今年も各地で企画主催ありがとうございます


「やっと一緒に聞けます
sign03

と集ってくださるママ達と
子どもたちが

各地にいてくださいます。


兄弟姉妹と一緒に『誕生学』


「来月産まれるので~!」

3人目マタニティママさんとは


お兄ちゃんが赤ちゃんの時から
9年のお付き合い。

4ヶ月になった赤ちゃんと
上2人兄妹と聞いてくださった

これまたお付き合い歴9年ママ。


0731
赤ちゃんがジッーーーーと
見ている先は

『ようこそいのちありがとう』


赤ちゃんも知りたい命のお話


聞いてくれた1年生の感想。


07311
『おとなになっても かぞくや
うまれてきた あかちゃんも
ずっと たからものです』


貴女も大切なたからものです。

これからもたくさんの素敵な宝物


見つけられますように。

2015年7月24日 (金)

【生まれてくる力」「いのちつなぐ力」「生きる力」を伝えるには?】@茅ヶ崎市

【思春期を見守る家庭・学校そして地域】

子ども達を取り巻く環境は、


私の過ごした思春期時代とは、
比較にならないほど便利な世の中

友達との『待ち合わせ』も
一端家をでたら、連絡のとりようがない。

『待ちぼうけ』『会えなかった』
ということもしばしばある時代。


時間に間に合うように気にして過ごした時期。

携帯の無い時代、どんな生活してた?


ふと思うと、みんなが無ければ無いで

過ごせていたことを懐かしく思うのです。


子ども達に携帯やスマホを渡す時期も

家庭の考え次第で、家庭で渡しているのです。

子ども達にとっても子育てしている家庭にとっても

『安全』『安心』は

携帯を所持することからかもしれない時代。

でも
その使い方メディア・ネットリテラシー

家庭で
どのように伝えて渡すかは課題でした。

我が家も下の息子からは、以前から


みんなが、もってる 自分だけキッズ携帯mobilephone

みんなが みんながと言われ、


みんなは何人?と聞けば2人か3人・・・


それはみんなとは言わないね。


そんな期間を延ばし延ばして
中3でスマホデビュー。

検索もバッチリ。

よくある話で
18歳未満は入れないサイトに、

興味関心からクリックしてしまい、


慌てる小中学生の話は非常に多い。


色々な話をしてのスマホデビューでした。


与えたのは家庭・・親と連絡とれることを

何よりも最優先順位にしたいのですが


結局それだけでは終わらない魅力。

子ども達が知りたいと思っている

『性』『命』についても


家庭でどう伝えていけばよいか?

子どもたちは幼児期から
不思議に思っていること

娘を育てていた時も、
私自身がとても大事で大切なことだと感じているのに

『習ってないことは話せない』
『聞いてないことは次世代に伝えられない』
思春期の時期もそのことをとても自覚したことでした。

家庭教育の中で幼児期から必要なテーマだと思っています。

ライフスキル教育としてもとても
大事なテーマです。
『知らなかった!』ではなく

『自分を大切にしなくては!』と思えるココロとカラダ。

スキンシップとコミュニケーションで

「あなたが大切」を伝えること。

とても大事なことだと思います。



Chigasaki
夏休みに入り先生方にとっても貴重な時間。

茅ヶ崎市のこども育成部
こども育成相談課 からご依頼いただき、

市内の小学校教諭(主に4年生担任)の
先生方に、

「生まれてくる力」「いのちつなぐ力」「生き
る力」を伝えるには?

というテーマでお話をさせていただく時間をいただきまし
た。

研修の目的は、小学4年生対象の思春期教育を、

来年度か
ら学校の先生方が主体的に実施していけること、

命の大切
さを教諭が子どもにどう伝えていくかをイメージできること等を

目的とした研修でした。


多くの先生方が集って下さり、終わった後、

若い先生方からもご相談や
「お聞きできて良かった」と
お声かけていただき光栄でした。

最後の教育委員会の指導課の先生からのおまとめも、

私自身とても有意義なお話を
伺えた学びでした。

学校も、家庭も地域も次世代の子ども達をサポートしていくために

それぞれの市町村で動きはじめています。


『心が生きる』自分らしい生き方を

子ども達が 日々生活を送る中で

善し悪しを正しく判断し

自分の気
持ちや考えを表現していく力をもてるように

家庭でも思春期こそもう一度向き合う時期。


子どもたちはサイン出していると思います。

男子も不安がいっぱい。

大切なことを伝えていけますように。

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Umi
  • 43
  • 42
  • 41
  • 40
  • 39
  • 38
  • 37
  • Kouza